YURI EBIHARA×JILLSTUART

Fashion Keyword Vol5Fashion Keyword Vol5

蛯原友里が魅せる
春のおしゃれkeyword
-大人の夏ワンピース編-

繊細で女らしいJILLSTUARTの
世界観を凝縮した、夏の新作ワンピースが登場。
連載ラストとなる今回は、モデル蛯原友里が、
大人にふさわしいアイテム選びと
着こなしをレクチャーします。
一枚で存在感のあるデザイン、
そして着る人を高揚させる華やかさは、
夏のおしゃれにぴったりです。

カーキのフリルワンピースに
大人のかわいらしさを秘めて

JERSEY MIX DRESS

「スポーツMIXやメンズっぽいカラーが気になっていた今シーズン、JILLSTUARTの新作で真っ先に目に留まったのがこのワンピース。辛さ・甘さ・ラフさが程よく溶け合っていて、フリルのデザインも気負わずに着られました。低めの切り替えやフリル部分だけのコットン素材など、甘さが小出しなのも好み。家族と出かけるときは、あえてスニーカーを合わせて、ちょっぴりスポーティに着こなしたいです」

甘めの総レースワンピは
ダスティ配色で大人めにシフト

COLOR LACE DRESS

「総レース=甘い、というイメージもありますが、色味やディテールにこだわれば、上品な華やかさを添えてくれたり、肌をきれいに見せてくれたり…、レースこそ大人の女性にぴったりだと思います。このワンピースは、くすみのあるブルーとベージュの色合いに落ち着きがあるので、大人の女性にすんなりと馴染むはず。ヴィンテージ感のある繊細なレースもいいですね。体に寄り添うようなフィット感も快適で、ラインもとてもきれい」

シャレ感も女らしさも
欲張りに叶う
名品オールインワン

BLACK ALL IN ONE

「黒のオールインワンはおしゃれの時短にもひと役。手抜き感なしでおしゃれが成立するので、プライベートでも手放せないアイテム! とくに、ワンピースのように見えるシルエットや重ね着が要らないデザインは理想的。前から見るとスタイリッシュなのに、背中側に小さなリボンがついている遊び心にもJILLSTUARTらしさを感じます。小物はヒールのないサンダルやハットを合わせて、大人ならではのリラックスムードを楽しみたい」

旬のブラウン×女っぽいシャツワンピで凛とした美しさを

SHIRT DRESS

「シーンを選ばないシンプルなシャツワンピースは、長めの丈感やとろみ素材が今の気分にぴったり。カシュクールっぽいデザインなので、アクセサリーや小物をアレンジすれば、デイリーにもパーティにも活躍しそう。ストレートラインなのに、ベルトをゆるっと巻くだけで体もすっきり見えるんです。モノトーンよりもやわらかなブラウンで、コンサバになりすぎないのも嬉しいところ」

Aラインのボリュームワンピに
大人ピンクが映えて

A-LINE DRESS

「トレンドのAラインワンピースは、たっぷりと入った女性らしいフレアが魅力。さらに、膝が隠れるミドル丈なら重たく見えず、小柄な方にもおすすめ。ロング丈よりも足さばきが楽なので、子供とのお出かけにも着ていきたい! ピンクも、くすみや深みがあると大人も抵抗がないですよね。顔映りもいいので、ナチュラルメークでも様になります。小物は黒でまとめてメリハリを。ピンクを着るときは、普段から締め色を意識するようにしています」

新しい自分を見つけたいから、
ワンピースも脱シンプルを心がけて

シンプルで落ち着いた色のワンピースを着ることが増えていましたが、この春はピンクやイエローなどインパクトのあるカラーに挑戦中。挑戦と言うと大げさですが、似合うかな?とあれこれ考える前に、目に留まったら試着をして、自分に似合うかどうかをジャッジするようにしています。一枚でおしゃれが叶うワンピースは、私にとって時間に余裕のないライフスタイルの中でも少しずつ買い足していきたい特別なもの。忙しいときでも気持ちを引き上げてくれたり、女性らしさや緊張感をもたせてくれるので、選ぶ楽しみや着る喜びを大切にしたいな、と、改めて感じています。これだ!と思えるワンピースに出合えると、大人のおしゃれはもっともっと楽しくなるはず。皆さんも、運命の一枚をぜひ見つけてみてくださいね。

デザインだけじゃない、
着心地にもこだわりたい大人のワードローブ

ディテールにこだわったJILLSTUARTの新作は、見た目の女性らしさに加えて素材や着心地の良さも印象的。トレンドだけでなく、自分が気持ち良く着ていられる服を求める大人の女性にとって、そんな思いに寄り添ってくれるアイテムは心強い存在です。丈感やシルエットも大人向きで、今回の連載を通してJILLSTUARTのイメージも変わりました。中でも、レースブラウスやフリルワンピースは、甘さよりも上品さが際立っていて今の気分。レトロムードも今年っぽいので、大人のかわいらしさをアップデートするのにぴったりです。

撮影/三瓶康友 スタイリスト/三好 彩
ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI)
構成/五十嵐ミワ、吉川 歩