蛯原友里と紡ぐ
最旬ファッションストーリー 
『甘さだけじゃない、
“大人かわいい”の見つけ方』

女性の永遠の憧れであり、
年齢に左右されない“かわいい”を代表する蛯原友里が、
今も変わらずに好きなものや着こなしのこだわりを紹介。
おしゃれにも女らしさにも、
磨きがかかった今だからこそ取り入れたい、
“JILLSTUART”の大人かわいい
秋冬コーディネートを提案します。

子供っぽくなりそうで敬遠していた花柄。
大人に似合うサイズ感や色味がとても新鮮

“コレクションなどを見て気になっていたタイトシルエットのオーバーコート。
袖を通すだけで体型が細身に見えるシルエットは、大人の女性の強い味方。
少し高い位置についているビジューの飾りも大人っぽい華やかさがあります。
かわいくなりすぎたり子供っぽくなる気がして、
しばらく敬遠していた花柄のワンピースも、
色味が落ち着いているので上品&大人っぽく着られそう。
ふわっとゆるっと着られるサイズ感はむしろ大人向けかもしれません”

ずっと変わらず好きなレース。
大人のかわいらしさは、
後ろ姿で遊ぶくらいがちょうどいい

“昔から大好きなレースは、着るだけでモチベーションを上げてくれるサプリのような存在。
衿に特徴のあるブラウスやシャツは普段から着る頻度も高めです。
肌が透けすぎないレース使いや衿や袖に効かせた白の配色など、
凛とした女らしさと清潔感を引き出してくれるデザインが好み。
さらっとパンツに合わせるだけで、
ピリッとした気持ちに切り替わりコーディネートの完成度が
ぐっと高まるのも忙しい女性にはうれしいはず。
パンツは、太すぎないラインや軽いはき心地など、
履いてみるだけでタックの入れ方やシルエットにこだわっていることが歴然。
大人の体型やワードローブにぴったりです。
最近は、動きやすさやリラックス感も大切にしたいので、
緊張感のあるスキニーを履くよりも今の気分に合っているのかも”

冬こそキレイ色。
大人の女らしさや甘さを上手に
引き出してくれるラベンダーの魅力

“年を重ねて、最近は淡い色や花柄よりも色に深みのある服やコーディネートが定番に。
淡いカラー=かわいいというイメージが強くて、少しずつ遠ざかっていたのですが、
ラベンダー色のニットは大人の甘さや女性らしさが表現できるのでとても新鮮。
肌映りの良さや冬空に映える透明感など、この冬のワードローブにプラスしたいカラーです。
花柄のスカートも、ちょっぴりくすんだダスティカラーが
今季のトレンドや大人のマインドにフィット。ピンクのお花ひとつをとっても、
大人のかわいいに寄り添ってくれる色味は積極的に取り入れてみたいです。
またスカートのすそがランダムにカットされているので、歩くたびに動きがあるのも素敵”

遊びを効かせた“黒”は、
他の色にはない女らしさと強さがある

“小物や差し色で遊びを加えられるのが「黒」を着る楽しさ。
普段はあまり登場しない色ですが、「黒」を着るときは必ず遊びを効かせて
あえてデイリーに取り入れています。
このワンピースは、デザイン性の高さとは裏腹に、
実際に着てみると体型がきれいに見えるシルエットや
遊び心のあるデザインがすんなりと馴染みました。
着こなせるかな…そんな心配をよそに、「クセのあるブーツも合いそうだな」と、
コーディネートのイメージも湧いてきて。
合わせ方次第で印象が変わるので、ボルドーのカラータイツを合わせたように、
黒だからこそトライできるファッションを楽しむのもありですね”

女らしいディテールニットは、
シンプルな大人の着こなしに映える

“デザインにワンポイントあるニットは、シンプルなコーディネートにも映えるので昔から好み。
定番のグレーとベージュを合わせているのに見え方が新鮮なのも、
袖口のフリルディテールがあればこそ。
ワンポイントを効かせたニットやフレアスカートは、
私の中で“JILLSTUART”らしさを感じる代表的なアイテム。
ニットもスカートも程よいゆるさや着丈の長さなど、
ちょっとした進化が加わっているので大人っぽく着られそうです。
レオパード柄のベルト使いも、トレンドを主張しすぎないさりげなさがいいですね”

女っぽさも時々は。
タイトスカートをピッと履いて、
ヒール靴で歩きたい

“同系色のカラーを合わせる着こなしは、
好みでもあり今年っぽさもあるのでこの冬も楽しみたいコーディネートのひとつ。
ミント色のニットもダークグリーンのタイトスカートも、発色やサイズ感が大人向きなので、
ベーシックな色やアイテムを纏う感覚で取り入れられそうです。
また、毛色の違うグリーンを合わせる一見高度なテクニックも、
実際に着てみると思っている以上に簡単。
最近は、ライフスタイルも変わってロングスカートやフラット靴の登場が増えているので、
たまには、ピッ! とタイトスカートを履いてヒール靴で歩きたい。
久しぶりにタイトを履いたら、そんな気持ちになりました”

シルエットが綺麗だと、
冬のおしゃれが楽しくなる

“上品なダークネイビーのコートは、モノトーンや秋色はもちろんブラウン系の服にもぴったり。
綺麗なシルエットや長めの丈感、ジャガードっぽい地柄が、大人のワードローブに合いそうです。
インナーに合わせたネイビー×ベージュのドット柄ワンピースも、
色のコントラストが強くないので甘さよりフェミニンで落ち着いた印象。
ひざが隠れる丈感なので、食事やパーティなどいろいろなシーンで使えそうです。
ピタッとしていないのに、体のラインが綺麗に見えるワンピースは、
コートを脱いでも美しいシルエットがキープできてうれしいです”

リラックス感こそ、
私が思う大人の“かわいい”に必要な要素

“お気に入りのワードローブの中でもジャケットやシャツが多いな〜と思うほど、
カジュアルやマニッシュなコーディネートがスタンダード。
ワイドパンツにジャケットを合わせて、そこに女らしさをほんのひとさじ。
そんな着こなしが、いちばんしっくりくるんです。
でも最近は、年齢を重ねるほどに、大人のかわいらしさもファッションの中で大切にしたいと思うように。
大人のかわいさをひと言で表現するのは難しいけれど、今は“リラックス感”こそ私が思う“かわいい”に必要な要素だと感じています。
デザインはシンプルだけどさりげない甘さが隠れていたり、着ているだけで自然とシルエットが綺麗に見えたり、
その点でも“JILLSTUART”の服はあざとさのないスマートな女らしさと甘さのバランスがちょうどいい”

おしゃれに欠かせないアクセント小物。
この冬も、帽子やサングラスが活躍中

“今回のスタイリングもそうですが、普段からコーディネートの仕上げに帽子やサングラス、
アクセサリーなどでアクセントを加えるのがとても好き。
デイリーのシンプルな着こなしも、少しずつ買い足したものや、そのシーズンのトレンド小物をプラスするだけで、
一気にコーデが華やいだり洗練されたり。長く着られる洋服を選ぶようになってからは、
小物にスパイス的な役割も求めるようになりました”

欲しかったのは、
“ラインが鋭くてかっこいい”より、
“スタイルがよく見えて女らしい”服

“ラインが鋭い服は、かっこいいだけになってしまうけれど、Iラインやヒップまわり、
ウエストのシルエットにこだわる“JILLSTUART”には、
スタイルがよく見えるのにカッコよくなりすぎないフェミニンで都会的なアイテムが豊富。
窮屈でないのにスタイルアップしてくれる服は、気持ちや着心地のよさにも繋がるので、自然とモチベーションが上がります。
ステージごとにライフスタイルは変化しても、いつも“かわいい”を忘れたくない女性に寄り添ってくれる服や小物は、
大人のワードローブをより新鮮にアップデートしてくれそうです”

おしゃれが楽しい季節もいよいよ本番!
美シルエットはもちろん、ひねりを効かせた甘ディテールやダスティな色味の服は、
着ているだけで心地よく気持ちが上がる大切なパートナー。
お気に入りの服を身につけて、甘さだけじゃない大人の“かわいい”をもっともっと楽しみましょう。