YURI EBIHARA×JILLSTUART

Fashion Keyword Vol.1

蛯原友里が魅せる
春のおしゃれkeyword−大人のベージュ編−

女性の永遠の憧れであり、大人の“かわいい”を
アップデートし続ける蛯原友里が、
女らしいのにこなれて見える“JILLSTUART”の
春夏コーディネートを提案。
この春注目しているトレンドや、
ファッションとメークの関係など、
おしゃれのMyルールも語ります。

Keyword.1甘さの中にこなれ感が芽生える、
“ベージュ”のワイドボトム

「数あるベーシックカラーの中でも、ベージュは私にとって特別な色。ナチュラルで上品、そして洗練されたイメージに仕上がるのでシーンを問わず取り入れています。例えば華やかなレースブラウスも、ベージュのワイドパンツを合わせればデイリー仕様に。リラックス感のあるボトムとニュアンスのあるトップスとの組み合わせは、甘すぎず堅すぎずのちょうどいいバランスが好みです。普段から、コーディネートの常連になっているディテールのあるブラウスは、この春も気になるアイテム。アクセサリーをつけなくても存在感が出せるので、時間に余裕がないときでもおしゃれを楽しみたい気持ちが満たされます」

Keyword.2“ベージュ”のマウンテンパーカは、
さりげないツヤ感でフェミニンに

「この春のトレンドでもあるスポーティなマウンテンパーカは、はおるだけで“今っぽさ”が漂うアイテム。やわらかなベージュを選べば、女らしく軽やかな表情が楽しめます。またスポーティな要素もあるので、トレンドのレーススカートを程よくカジュアルダウンしてくれる役目も。マウンテンパーカ本来のメンズライクなデザインも、顔映りのいい明るいベージュや光沢のある素材なら大人向け。子供っぽく見えない、カジュアルになりすぎない、そんな工夫がうれしいですね。合わせたのは、こちらもトレンドのリブやレースを効かせたニットとスカート。甘いディテールは、黒でまとめると女性らしい印象が引き立ちます」

今回選んだベージュは、トレンドにも女性らしさを忘れない“JILLSTUART”らしいデザインが魅力。
どんな色とも合わせやすいので着回しが効き、新しいファッションに挑戦するときもその背中をそっと押してくれそうです。

ただ、色合わせがしやすい定番色だからこそ、ベージュ=無難な印象にならないようにメークなどでワンポイントのトレンドを加えることも大切。
ナチュラルなベージュ系メークに、レンガ色のマスカラを使ってアクセントをプラスしたり、
ほんのりモードな色付けをすることでベージュの鮮度を上げるようにしています。
そんなトレンドメークが楽しめるのも、上品でクセのないベージュの着こなしだからこそ。
春は、ベージュの力を借りて、ファッションもメークも新しいことにチャレンジしてみてくださいね。

  • 撮影/三瓶康友
  • スタイリスト/三好 彩
  • ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI)
  • 構成/五十嵐ミワ、吉川 歩